【Q&A】そもそも、住宅の断熱工事ってどんな工事なの?

A.断熱工事とは、ひとことで言うなら「家の周囲をぐるっと断熱性の高い素材でくるむこと」です。

ステンレス製の保温カップを思い浮かべて下さい。
二重になったステンレスの中は真空層です。これが「熱を伝えない」、すなわち「熱の移動を断つ」役目を果たすから断熱層といいます。



家も真空カップと同じです。
冬なら、外の寒い空気から守るイメージで、家の周囲を断熱層でぐるっとくるむ。夏なら、外のうだるような熱い空気から守るイメージです。

だから「間仕切り壁」には断熱は施しません。部屋と部屋の間には「断つべき熱の差(温度差)」がないので、断熱をする必要がないのです。これはお客様にお話しすると「えっ?そうなの?」と驚かれるところです。


さきほど「断熱性の高い素材」と言いました。
これには玄関ドアや窓も含まれます。いくら壁や屋根をガッツリ断熱しても、玄関ドアや窓の断熱性能が低ければ、「熱の移動を断つ」効果が薄れてしまいます。

それと同じ理屈で、断熱層は家の外側をぐるっと、一筆書きのように途切れずに続いていることが理想です。途切れると、そこから熱が逃げ出したり(冬)、熱が入ってきたり(夏)するからです。これを「断熱層の連続性」といいます。


玄関ドアや窓以外の断熱を担当する素材は、綿みたいにフワフワのもの、軽くて板状のもの、2種類の液を混ぜて吹き付けるとぶわ~っと膨らむものなど、実にさまざまな種類があります。
どんな素材を選んでも、「家の周囲をぐるっと」「途切れずに」くるむことが原則なのは変わりありません。


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求