【Q&A】暖かい家には窓がいちばん大切って聞いたけどホント?

Q.暖かい家には窓がいちばん大切って聞いたけどホント?

A.はい、その通りです。

冬は室内の熱の約半分(52%)が「窓」から逃げてしまいます。
また、夏に家に入り込む熱気の74%が窓からのものになります(残るは壁・天井・床や換気によります)。

壁や天井、床に断熱材を入れるのも大事ですが、一番に対策すべきは「窓」なのです。
ちなみにさきほど数字(%)は2枚ガラス(ペアガラス)での数値ですから、もしもあなたのお家の窓ガラスが1枚だと、もっと多くの熱の出入りが「窓」からあることになります。ビックリですよね。


さて、それでは窓にどんな対策をすれば良いのでしょうか。


リフォームの場合は3つあります。

①内窓を取り付ける

②ガラスを高性能なものに入れ替える
③窓サッシごと入れ替える

ベランダに出入りする窓でなければ、①内窓の取り付けをおすすめします。最も工事が簡便で、効果が高い方法です。インテリア性もアップします。

また、ガラスをチョイスすることで様々なお悩みに対応できます。
例えば西日の強烈な日射に困っている場合は「Low-E(ろういー)ペアガラス・遮熱タイプ」を、
とにかく冬の寒さにお困りの場合は「Low-Eペアガラス・断熱タイプ」をチョイスするとよいでしょう。
寒さも暑さも今よりも良くなれば…という場合は「普通ペアガラス」もしくは「単板(たんぱん)ガラス」でも構いません。単板ガラスでも今より断然、過ごしやすくなります!

ベランダに出入りする窓の場合は、窓を2回、開け閉めすることが面倒でない場合は①内窓の取り付けをおすすめします。「物干しをするときそれは面倒だなあ」とお感じの場合は②ガラスを高性能なものに入れ替え③窓サッシごと入れ替えになります。

②ガラスを高性能なものに入れ替えは今あるアルミ枠を継続して使います。アルミ部分は今までどおり冷たくも熱くもなりますので、断熱効果は①内窓の取り付けよりも(かなり)落ちます。
予算に余裕がある場合は③窓サッシごと入れ替えを選ばれるのがいいでしょう。このときサッシ枠は慎重に選択してください。「アルミ樹脂複合」か「オール樹脂」、性能が高いのは後者です。いずれにしてもガラスは「Low-Eペアガラス(断熱/遮熱)をおすすめします。

新築の場合は迷うことなく「オール樹脂+Low-Eペアガラス」です。ガラスとガラスの間に熱が伝わりにくい気体を充填した「アルゴンガス入り」は、ほんのちょっとしか値段が上がらないのに効果が高いのでおすすめです(普通は乾燥空気入りです)。またお住まいの地域が「非防火地域」であれば、「オール樹脂+Low-Eトリプルガラス」が圧倒的に効果的です!

 

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求