【Q&A】乾燥してくると火事が心配ですが、高性能エコハウスは火災にも強いのですか?

A.弊社の「高性能エコハウス」は火災に最大限の配慮をしています。それは次の2点においてです。

1.全棟、省令準耐火構造を採用
2.火に強い断熱材、グラスウールを採用

いったいどういうことか、ご説明します。

1.全棟、省令準耐火構造を採用
省令準耐火構造」、聞き慣れない方が多いと思います。大きく言うと次の3つの対策を施した木造建物をさします。

外部からの延焼防止 … 外壁と軒裏を防火構造にし、屋根を不燃材料にする
各室の防火 … 天井と内壁に石膏ボードを使用
他室への延焼遅延 … ファイヤーストップ材を施工

省令準耐火構造を採用することにより、2つのメリットがあります。

・メリット1 火事に強い木造住宅
万が一火災が発生しても、延焼する速度を遅くし避難時間を確保します。また火災が小さい段階で消防が到着し、初期消火できる可能性が増します。

・メリット2 火災保険料が約半分に
木造住宅の火災保険は「T構造」と「H構造」の2つに区分されます。「T」とは「耐火」の頭文字、「H」とは「非耐火」の頭文字です(面白いですね)。省令準耐火構造は「T構造」に該当し、火災保険料が半分程度になります(!)。また地震保険も「イ構造」になり通常の木造(ロ構造)に比べて保険料が安くなります。


2.火に強い断熱材、グラスウールを採用
火災に強い省令準耐火構造を採用しているため、壁の中の断熱材にまで火の手が及ぶことは考えにくいのですが、どんなことにも「万が一」はあります。

その万が一に備え、高性能エコハウスには「グラスウール」を採用しています。

理由は、「グラス(=ガラス)の繊維だから燃えない」からです。もう少し詳しく言うなら、「火に溶けるが引火しない」となります。

断熱材の中には燃焼することで有毒ガスを発生したり、自己消火性がなくそれ自身が燃え盛ったりするものがあります。

「暖かい」や「涼しい」の前に、人の命を守る(家自体が住人の生命を危険にさらさない)のが家の使命です。そう考えると断熱材の選定にも気を配らざるを得ません。

燃えない」「自重が軽い」「沈下しない」「比較的安価」という総合的な特性から、弊社の高性能エコハウスにはグラスウールがベストであると考えています。

ブログ資料請求
高性能エコハウスQ&A

 

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求