【Q&A】高断熱、高気密って夏は蒸し風呂みたいにならないの?

A.最近はずいぶんこの質問をされなくなりましたが、3年ほど前まではよく訊かれたものでした。これが「断熱住宅が浸透してきたから」なのだとしたら、嬉しいかぎりですね。
さてご質問の答えですが、蒸し風呂みたいになります(笑)。
ただしそれは①窓を閉め切り、カーテンを開けて太陽の光を取り入れ、②エアコンの運転を止めた場合に、です。


高断熱・高気密の家は、窓を閉めた状態でいったん太陽の熱を取り入れたら、「頑として」外に逃がそうとしません。逆に言えば、窓を開け放ちさえすれば、普通の家と同じく「外気と同じ室温」になります。ここはよく誤解されるところです。


「それなら夏は普通の家と同じなのか」と思われるかもしれません。ところがこの「頑として室温を外に逃がさない」性能を利用して、こんな住まい方が可能になります。

初夏の涼しい朝、窓を開け放って外の空気を取り入れます。家の中が涼しくなったら、すべての窓を閉めます。たったこれだけで、お昼前後までエアコンなしで快適に過ごせます。高断熱・高気密で「涼しい空気を閉じ込める」ことができるからです。

お昼過ぎからはエアコンをオンにしますが、「涼しい空気を閉じ込める」のが得意な家ですから、エアコンはゆったりと運転して普通の家ほど電気代がかかりません。


仕事や学校で日中は誰もいなくなるからと、窓を閉め切りエアコンを切った状態で出かけるとどうなるでしょうか。夕方帰ったとき、かなりの暑さを覚悟しなければなりませんが、それすら窓を開け放てば、外気温と同じになります。

ここはよく間違われるところですが、断熱材は「断熱」材であって、「蓄熱」はしません。断熱材それ自体に熱を蓄えることをしないので、窓を開け放ってもサウナのような状態が続く、なんてことはないのです。

とはいえ、高性能住宅での夏の住まい方で本当におすすめしたいのは、エアコンを26~28℃に設定して、運転したまま出かけることです。「なんて贅沢な」と思われるかもしれませんが、驚くほど電気代はかかりません。


高性能住宅のM様邸(真ん中)、A様邸(右)ともに夏はエアコンをつけっぱなしですが、冬ほどには光熱費がかかっていないことがわかります。対照的に弊社社員N家(左、普通の住宅)では、24時間ではない間歇冷房なのにすごい電気代になっています(早く建て替えてあげなければ…(^_^;)。
-----------

もうひとつ、高性能住宅での夏の住まい方のコツがあります。それは窓から入ろうとする太陽光をさえぎることです。そうすることで室内の冷気がぐんと長持ちするからです。

太陽光は室外でさえぎるのがより効果的です。昔ながらの「すだれ」でも良いですし、最近は外用に特化したスクリーンやブラインドも徐々に一般化してきました(まだ値段も安くなく、ホームセンターで買えるものではないですが)。


室内で太陽光をさえぎるのも、ないよりはずいぶん良いです。このとき最も優れているのが「ハニカムスクリーン」です。こちらもカーテンやロールスクリーンに比べると高額ですが、その効果は絶大です。


以上のように、高断熱・高気密の家は、冬だけでなく夏にも実に快適な生活を送ることができるのです。



 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求