【Q&A】断熱材にはどんなものがあるの?

A.断熱材にはじつに様々な種類があります。
まずは大きく分類すると下記の4種類になります。


A) 無機繊維系
B) 有機繊維系
C) 木質繊維系
D) 発泡プラスチック系
E) その他

それでは順々にご紹介しましょう。

無機繊維系

・グラスウール
昔から使われていて、現在でもポピュラーな断熱材です。その名の通り、グラ(=ガラス)を繊維状にしたものです。
良いところは、ガラスなので燃えないこと、吸音性が高いこと、比較的安価であることです。
悪いところは、水や湿気を含みやすいこと、一度濡れると元には戻らないこと、施工に精度が求められることと施工者がチクチクすることです。


・ロックウール
玄武岩やスラグなどの鉱物を繊維状に加工したものです。
良いところは、鉱物なので燃えないこと、自重があり吸音性が極めて高いこと、濡れても元に戻ることです。
悪いところは、水や湿気を含みやすいこと、自重があるため家の重量が増すこと、施工に精度が求められることです。



有機繊維系

・ポリエステルウール
ペットボトルをリサイクルして作られたものです。
良いところは、透湿抵抗が低く湿気を含まないこと、火に溶けるだけで自己消火性があること、吸音性が高いこと、腐敗・防虫の心配がないこと、施工者がチクチクしないことです。
悪いところは、価格が高いことです。欠点の少ない断熱材です。



木質繊維系

・セルローズファイバー
新聞紙を細かく砕いて防蟻・防炎処理を施したものを、現場で吹き込みます。
良いところは、湿気を保持・放出するため壁体内結露を防ぐこと、吸音性が極めて高いこと、燃えにくいことです。
悪いところは、価格が高いこと、長年の使用で沈下の可能性があることです。こちらも欠点の少ない断熱材です。


・ウッドファイバー
利用価値のない木の断片や間伐材を細かく砕いたものです。
良いところは、湿気を保持・放出するため壁体内結露を防ぐこと、吸音性が極めて高いこと、燃えにくいこと、チクチクしないので施工者に優しいことです。
面白いところでは、繊維の密度を上げていくとそのまま断熱性も上がっていくところも美点です(グラスウールやロックウールは頭打ちになります)。
悪いところは、価格が高いことです。



発泡プラスチック系

・フェノールフォーム
フェノール樹脂に種々の変性を行い、発泡硬化させたものです。ボード状に加工され、様々な厚さが選べます。
良いところは、最も断熱性が高いこと、耐久性が高いこと、燃えにくく有毒ガスの危険性が低いことです。
悪いところは、価格が非常に高いことです。



・硬質ウレタンフォーム
ポリイソシアネートとポリオールを主原料としたものを発泡させたものです。ボード状に製品化されたものと現場で発泡させるもの、大きく2種類に分かれます。

良いところは、現場発泡のとき発泡表層を残すと気密層を同時に形成できることです。
悪いところは、燃えやすいこと、燃えると有毒ガス(シアン化合物)が発生するところです。また価格も高めです。



・ポリスチレンフォーム
ポリスチレンに難燃剤を混ぜて発泡させたものです。「押出法ポリスチレンフォーム」と「ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)」の2種類があります。
良いところは、水や湿気に強いところ、施工性が良いところです。
悪いところは、熱に弱く、燃えやすい(ただし有毒ガスは出さない)ところです。




その他

・羊毛
その名のとおり、羊毛でできています。
良いところは、調湿力があること、天然素材であることです。
悪いところは、価格がかなり高いこと、天然素材ゆえ防虫処理が必要なことです。


以上で断熱材のご紹介は終わりです。

アイビ建築では、①グラスウールを標準採用しています。巷でよく見かける「袋入り」ではなく、いわゆる「裸」のグラスウールです。
密度は16kgで、105㎜厚の高性能グラスウールを採用し、壁には2重(210㎜)、天井には3重(315㎜)に施工します。
「裸」ですので、グラスウールに湿気が侵入しないよう、防湿層と気密層を兼ねたシートを最新の注意を払って施工していきます。
これにより外皮平均熱貫流率(UA値0.30~0.34 W/㎡Kという高い断熱性を確保しています。

ブログ資料請求
高性能エコハウスQ&A

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求