【Q&A】吹き抜けやリビング階段はやめた方が良いって言われたけどホント?

A.
家を新築した友人から、初めてのお呼ばれ。
廊下を抜けリビングに入ると、目の前の視界が一気に広がる。

吹き抜けとリビング階段。

ああ、私もいつかはこんなに素敵な家に住んでみたい。
しかしあなたは友人から意外な悩みを聞く。

「吹き抜けとリビング階段、後悔してるの」

聞けば友人にとっても吹き抜けとリビング階段は長年の憧れだったらしい。
そうやって叶えた念願の吹き抜けなのに、いったい何を後悔しているというのだろう。

「‥とっても寒いの」。

私がくるというので今朝から暖房器具をフル稼働してくれていたというが、言われてみれば今もうっすらと寒い。耳を澄ませば、エアコンとガスファンヒーターが一生懸命に運転しているのがわかる。

それなのに、なぜ?

「家の中なのにセーターやモコモコ靴下が手放せないのよ。朝なんかダウンジャケットを着ることもあるわ」

これが憧れの吹き抜けなのか。兄妹や友人に自慢するはずのリビング階段なのか。
私の理想のリビング像が、ガラガラと崩れる音が聞こえた気がした…。


下手な小説もどきに付き合わせてすみません(汗)。

でも、この友人さん可哀想ですよね。実際に私も、こういうお客様に何人もお会いしました。
「リビング階段から降りてくる冷気を止めたい」というご要望に、階段の入口にドアをつけたことも何度もあります。

こんな不幸を止めるにはどうしたら良いのでしょう?

「日本の冬にはリビング階段や吹き抜けは合わないんだから、そもそも設計しないのが正解なんだよ。」

否。
私どものつくる高性能エコハウスに吹き抜け・リビング階段は大歓迎、むしろお客様に頼んで組み込んでいくるくらいです。

なぜ「吹き抜けが寒い」のか。それは決定的に断熱性能(と気密性能)が足りていないからです。
しっかりとした断熱をすれば、吹き抜け・リビング階段は寒くなんかありません。
また、弊社の高性能エコハウスは「壁掛けエアコン1台で全館空調」を売りにしています(正確には2台あって、冬は冬用エアコン1台、夏には夏用エアコン1台を運転します)。

たった1台のエアコンからの暖気や冷気を上手に家全体に回すために、吹き抜けやリビング階段はじつに重要な役割を果たしてくれるのです。
「寒いから要らない」のではなく、「家全体を暖かくするために必要」な存在なのです。

家全体を空調するというと、「電気代がもったいない!」とか「なんてぜいたくな…」と言われたりしますが、決してそうではないことはこのブログで明らかになっていきます。ぜひ楽しみにしていてください。

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談はこちらからお問い合わせください。
お見積もりや疑問など、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

We are waiting for requests for information and estimates.
For any details, please contact us.

  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりのご依頼
  • 家創りに役立つ資料請求